ネットでファッションアイテムを購入する際のポイント

ファッション通販で失敗しない買い方

お店に行くより、良いことたくさんのネット通販

サンプルを用意してそれを参考にする!

通常、商品説明の欄には着丈、袖丈、身幅などが数字で載っていることが多いです。
しかし、それを自分の身体のサイズと比較してもあまりピンと来ないと思います。
そのため、各アイテムで比較できるサンプルを作っておくと便利です。
まず自分の現在持っているアイテムの中でなるべくシンプルなものを選びます。
例えばトップスであればロンT、パンツであればストレートタイプ、スカートはタイトで、できればロング、これの各箇所の長さを図り、メモしておきましょう。
そして、購入したいアイテムができたら、サンプルを着て、例えば着丈がサンプルより短い場合はその分を中に織り込んでみたり、長ければ、その分をタオルなどの布を足して見てみることで、着た時の雰囲気が実感できます。

S、M、L、フリーに惑わされない!

ファッションアイテムを購入する際は、表示されているサイズを参考にすることが多いですが、ネット通販の場合には特に注意が必要です。
ネット通販では国内に店舗を持っていない海外のブランドも多く扱われています。
そういったブランドの表記サイズは日本人のサイズと合っていないこともあります。
また、日本のブランドでも、ショップの傾向で身体のラインを強調するように細めシルエットのアイテムが多いところや、オーバーサイズで着れるように作っているところ等様々です。
何も確認せずにいつも購入しているサイズを選ぶと失敗してしまうことがあります。
大切なのは、まずモデルの着用サイズと身長を確認すること、これで着丈がどのサイズかは、だいたいわかります。
あとは、口コミで詳細をみることです。
最近では口コミを調べる際に、身長やいつもサイズを選択する欄があることがあります。
自分と体型が似ている人の意見を見れて、とても参考になります。


この記事をシェアする